Cross World Connections
Hi, we're an illustration agency based in

News & Features

2020.05.28 Features
ARTIST Q&A! ”マーカス・オークレー”

CWCアーティストたちのQ&A企画が始まります!

 

初回は ”マーカス・オークレー”

好きな音楽や映画、インスピレーションの源まで、たくさんの質問に答えてくれました!

グラフィック·アーティストとして、本のイラストやプロダクトデザイン、広告やパッケージなど幅広く手掛けるマーカスの、遊び心溢れるイラストの秘密に迫ってみたいと思います!

 

 

1. スランプの乗り越え方は?

家にいるとキッチン用品や日用品に触れる機会が多くなり、よく家の壁や植物、インテリアを眺めるよ。
そんな、ありふれた日々の景色からインスピレーションを受けて、家の中のあらゆるものをアレンジして絵を描いている。
料理をしたり、掃除をしたり・・・大好きな紅茶を淹れて音楽を聴いたりしながら、想像力を掻き立てるんだ。
インスピレーションは暮らしのなかのどこにでもある、という事を思い出させてくれる。

2. 家にいて、やることがないときの過ごし方は?

常にやりたいことがあるよ!アートを制作したり、読書に料理、そしてガーデンにングも!
何年か前に、この庭付きの家に引っ越してからは、植物や野菜の育て方についても色々勉強しているよ。


3.何を描くのが好き?

なんでも描きたいし、全部描きたい!
そして、描くものすべての”線=ライン”の可能性を探求して、遊び続けたい。
太い線や細い線、ジグザグ、曲線、直線、スピード感、抽象的な線、写実的な線・・・
これら一つ一つの線に、それぞれの雰囲気やメロディーを感じているんだ。

4.好きな音楽は?

70年代の音楽をよく聴くよ!
70年代はまだ僕は小さかったから、この時代は思い出深いというよりは、
幼すぎて見逃してしまった当時のムーブメントに大人になってから興味を持ったという感じかな。

70年代はとても濃厚で、音楽、映画、アート、ファッション、建築、家具、グラフィックデザイン・・・全てにおいて非常に豊かで、多様性が感じられる時代だった。
ビーチ・ボーイズ、ドゥービー・ブラザーズ、ペンタングル、スティーリー・ダン、ジェリー・ラファティ、ジェームス・テイラー、ウィングス、10cc、フェアポート・コンベンション、ジャン・ミシェル・ジャール、ブライアン・プロズロー、デヴィッド・エセックスが僕のお気に入りだよ!

5.好きな飲み物は?

もちろん紅茶!子どものころから、ずっと紅茶を飲んでるよ!
ポットいっぱいの紅茶とフルーツケーキがあれば完璧!

6.好きなものを自由に作れるとしたら何を作る?

自分の作品を巨大なオブジェにして、カフェを併設したインタラクティブな公園を作りたいな!

7.好きなアーティストは?

何百年、何千年前もの人々の手によって作られた世界中の創作品に魅力を感じる。
これまでに訪れた旅先でも、たくさんの素晴らしい作品を見ました。
例えば、ギリシャのキクラデス美術、北欧の工芸品、日本の土偶、新石器時代の立石、太平洋岸北西部の先住民族によるトーテムポールなどが、特に僕のお気に入りだよ。

8.好きな映画は?

映画も70年代のものが好きでよく観てる。この時代の作品には、誠実さと繊細さを感じるから大好きなんだけど、同じような映画はもう二度と作ることができないと思う。

お気に入りの映画:

コンドル/シドニー・ポラック/1975年
ウィッカーマン/ロビン・ハーディ/1973年
パララックス・ビュー / アラン・J・パクラ / 1974
刑事マルティン・ベック/ボー・ヴィーデルベリ/1976年
仁義 / ジャン=ピエール・メルヴィル / 1970
フェイズIV/ソール・バス/1974
3人の女 / ロバート・アルトマン / 1977
ストレート・タイム / ウル・グロスバード / 1978
恐怖の報酬/ウィリアム・フリードキン/1977
サイレント・ランニング/ダグラス・トランブル/1972年
サスペリア/ダリオ・アルジェント/1977年
サタデー・ナイト・フィーバー / ジョン・バダム / 1977
ガルシアの首/サム・ペキンパー/1974年
さすらいの二人/ミケランジェロ・アントニオーニ/1975
熱い賭け/カレル・ライス/1974年
コーマ/マイケル・クライトン/1978年
恐怖のメロディ / クリント・イーストウッド / 1971
さらば冬のかもめ/ハル・アシュビー/1973年
セルピコ/シドニー・ルメット/1975年

9.理想のバケーションは?

スコットランドに来てからは、大好きなキャンプによく行くよ!ただここ最近は天気に恵まれていなくて・・・。
風と雨の中、テントから動けなくなってしまうのは本当に辛い!だから理想のバケーションは、永遠に続く暖かい太陽のもとで過ごすことかな!



10.近所のオススメのスポットは?

僕の住んでいるダンファームリンは、歴史のある古い街で、この街には大好きな場所がたくさんある。
なかでも、1950年代に開業したカフェ・ジャコモは、僕のお気に入りの場所の一つ。
カフェにはオープン当時からのインテリアが残っていて、紅茶やロールケーキなどスコットランドの美味しい料理が食べられるよ!

11.最近読んだ本、または好きな本は?

普段は旅行や自然をテーマにした本をよく読んでる。
フィクションでもノンフィクションでも自然をテーマにしているものが好きだよ。

チャーリーとの旅/ジョン・スタインベック/1962年
クリア・ウォーター・ライジング / ニコラス・クレーン / 1996
ワイルドウッド / ロジャー・ディーキン / 2007年
オールドウェイズ:徒歩での旅 / ロバート・マクファーレン/2013
エベレスト・ザ・ハード・ウェイ / クリス・ボニントン / 1976年
海辺の王国/ポール・セロー/1982年
コンティキ探検隊/トール・ヘイエルダール/1948年
土星のリング / W.G.ゼーバルト / 1995
失われつつある歩くという芸術/ジェフ・ニコルソン/2008年
モンキー・レンチ・ギャング/エドワード・アビー/1975年

 

12.あなたが教えるならどんなクラス?

とても幸いなことに、20年間に渡って学校やワークショップで教えることができている。
6年前にロンドンからスコットランドに移り住んだ後、エディンバラを拠点とする”Artlink“という素晴らしいアート集団と出会うことができました。Artlinkは、1984年にスコットランド東部にも拠点を設立し、アートを通じて人々の生活を支援し、創造的な機会を増やすことを目的とする団体なんだ。
僕もその一員として働いているよ!

 

13.好きな食べものは?

料理も好きだし外に食事に出かけることも大好き!
シンプルなレシピが一番美味しいと思う。
最近のお気に入りは、じっくり煮込んだプッタネスカソース(トマト、玉ねぎ、オリーブオイル、アンチョビ、パセリ、にんにく)
のパスタかな!

 

14.自分の中で絶対に変えたくないところは?

仕事をして、創造して、制作して、絵を描いて、教えて・・・クリエイティブな生活を続けていけることが何よりも嬉しいし、続けていきたい!

  • ins
  • twitter
  • f

Contact

Please carefully read and fill out the form
below to submit your questions.

弊社では当面の間、在宅勤務とさせていただくことといたしました。
こちらのお問い合わせフォーム、もしくはメールアドレスよりご連絡頂けますと幸いです。
順次ご連絡申し上げます。


【お問合せ先】

株式会社クロスワールドコネクションズ エージェントチーム

contact@cwctokyo.com